main

開催概要

我々の同時代にどのようなアニメーション作家が、どのような意識で作品を制作しているのでしょうか。短編アニメーションは常にアニメーション映像の可能性の最先端を走っています。 しかし、実際に製作者や観客の興味の増幅ほど、短編アニメーションを見て知る機会は増えてはいません。まずその基礎知識を共有して、コンテンポラリーアニメーションの見取り図を描くことがこの公開講座の目標です。 東京藝術大学大学院映像研究科では、世界的に「いま」を象徴する作家の作品の鑑賞を中心に、講義を公開で行います。

2009年に始まった公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門」は今年ポール・ドリエセン監督、ライムント・クルメ監督、ウェンディ・ティルビー&アマンダ・フォービス監督をお招きし、特別講座を開催します。

イベント名

東京藝術大学大学院映像研究科 公開講座 馬車道エッジズ

コンテンポラリー・アニメーション入門

〜現代短編アニメーションの見取り図〜 2017

開催日時

【第25回講座】

演題:『線のメタファーとマルチ画面』
講師:ポール・ドリエセン
日時:2017年5月21日(日)
開場:午後3時30分〜
上映:午後4時〜午後5時 講演:午後5時〜午後6時30分
上映作品(予定):エア!』 (1972)、『あやとり』(1974)、『卵の殺害』(1977)、『ダビデ』(1977)、『陸に海に空に』(1980)、『オー・ワット・ア・ナイト』(1982)、『目玉焼き』(1985)、『四季、世界の終焉』(1995)、『3人のミス達』(1999)、『氷山を見た少年』(2000)、『キャット・ミーツ・ドッグ』(2014)、ほか
[イベント詳細]


【第26回講座】
演題:『だまし絵、主と従の反転』
講師:ライムント・クルメ
日時:2017年 10月22日(日) 

開場:午後3時30分〜
上映:午後4時〜午後5時 講演:午後5時〜午後7時
※終了時刻は講座の進行により前後しますのでご留意ください。

上映作品(予定):『クロスロード』、『ロープダンス』、『パッセージ』、『メッセージ』ほか
[イベント詳細]


【第27回講座】
演題:『個と世界』
講師:ウェンディ・ティルビー、アマンダ・フォービス、山村浩二
日時:2017年11月12日(日)  
開場:午後3時30分〜
上映:午後4時〜午後5時 講演:午後5時〜午後7時
※終了時刻は講座の進行により前後しますのでご留意ください。
上映作品(予定):『ある一日の始まり』(1999)、『ワイルドライフ』(2011)ほか
[イベント詳細]

会場

東京藝術大学 横浜校地 馬車道校舎
(みなとみらい線「馬車道駅」5・7番出口を出てすぐ)
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町4-44

[アクセス]

入場料

入場無料 

事前申込不要(当日受付/先着順90名)

満員の場合には立ち見スペースが無いため、会場の中に入れない場合がありますのでご留意ください。なお1階ロビーにて講座の映像中継を用意する予定です。


E-mail|ca_info [at] animation.geidai.ac.jp
([at]を@に書き換えてメールをお送りください)
担当:イラン、久保 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻

クレジット

主催:東京藝術大学大学院映像研究科、横浜市文化観光局 
協力:カナダ国立映画制作庁、Dennis Hekker

1964年名古屋市生まれ。『頭山』がアヌシー、ザグレブ、広島をはじめ6つのグランプリを受賞、アカデミー賞にノミネートされる。また『カフカ 田舎医者』がオタワなど7つのグランプリを受賞。2011年にはNFBとの共同制作『マイブリッジの糸』を完成。川喜多賞受賞ほか90以上の国内外の賞を受賞。映画芸術科学アカデミー(米)会員、国際アニメーションフィルム協会理事、日本アニメーション協会副会長。