main

開催概要

我々の同時代にどのようなアニメーション作家が、どのような意識で作品を制作しているのでしょうか。短編アニメーションは常にアニメーション映像の可能性の最先端を走っています。 しかし、実際に製作者や観客の興味の増幅ほど、短編アニメーションを見て知る機会は増えてはいません。まずその基礎知識を共有して、コンテンポラリーアニメーションの見取り図を描くことがこの公開講座の目標です。 東京藝術大学大学院映像研究科では、世界的に「いま」を象徴する作家の作品の鑑賞を中心に、講義を公開で行います。

2009年7月に始まった公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門」は、今年テオドル・ウシェフ監督、ユーリー・ノルシュテイン監督、マチュー・ラベェユ監督をお招きし、特別講座を開催します。

イベント名

東京藝術大学大学院映像研究科 公開講座 馬車道エッジズ

コンテンポラリー・アニメーション入門

〜現代短編アニメーションの見取り図〜 2016

開催日時

【第22回講座】

演題:『ステレオスコープにおけるナラティブと抽象』
講師:テオドル・ウシェフ
日時:2016年10月23日(日)  ※申込受付:10月8日(土)より
開場:午後5時30分〜
上映:午後6時〜午後7時 講演:午後7時〜午後8時30分
上映作品:『タワー・バウアー』 (2006、3D)、『ドラックス・フラックス』(2008、3D)、『リップセットの日記』 (2010) 、『12月のナイチンゲール』 (2011) 、『グロリア・ヴィクトリア』(2013、3D) 、『盲目のヴァイシャ』(2015、3D)
※全てテオドル・ウシェフ監督作品、3Dステレオスコープでの上映あり
[イベント詳細]


【第23回講座】
演題:『モノとコト』
講師:ユーリー・ノルシュテイン
日時:2016年 10月29日(土) ※申込受付:10月15日(土)より

開場:午後5時30分〜
上映:午後6時〜午後7時 講演:午後7時〜午後8時30分

上映作品(予定):『アオサギとツル』(1974)、『霧の中のハリネズミ』(1975)、『話の話』(1979) 
※全てユーリー・ノルシュテイン監督作品、デジタルリマスターによるニュープリントでの上映
[イベント詳細]


【第24回講座】
演題:『アニメーション・ドキュメンタリー1』
講師:マチュー・ラベェユ、山村浩二
日時:2016年11月19日(土)  ※申込受付:11月5日(土)より
開場:午後5時30分〜
上映:午後6時〜午後7時 講演:午後7時〜午後8時30分
上映作品(予定):『オルジェスティキュラニースムス』(マチュー・ラベェユ監督、2008)、『迷宮』(マチュー・ラベェユ監督、2013)、『感覚の散策』(ジョナサン・ホジソン監督、1997) 、『じぃじ』(ジョエル・ケファリ監督、2014) 、『母のコート』(マリー=マルゴ・ツァキリ=スキャナトヴィッツ監督、2010)、『カーニバル』(マルコム・サザランド監督、2010)、『二十万の亡霊』(ジャン=ガブリエル・ぺリオ監督、2007) 、『ジは自閉症のジ』(ティム・ウェッブ監督、1992)ほか
[イベント詳細]

会場

東京藝術大学 横浜校地 馬車道校舎
(みなとみらい線「馬車道駅」7番出口を出てすぐ)
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町4-44

[アクセス]

入場料

入場無料 

事前申込制(先着順90名)

※講座参加には事前申込が必要です。

下記メールアドレスに①参加者氏名、②メールアドレス、③受講を希望する講座名を明記の上お申込み下さい。先着順で受付し登録後確認メールを送信いたします。
E-mail|ca_info [at] animation.geidai.ac.jp
([at]を@に書き換えてメールをお送りください)
担当:横山、久保 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻

クレジット

主催:東京藝術大学大学院映像研究科、横浜市文化観光局 
協力:カナダ国立映画制作庁、モブコ、IMAGICA TV、Camera-etc

1964年名古屋市生まれ。『頭山』がアヌシー、ザグレブ、広島をはじめ6つのグランプリを受賞、アカデミー賞にノミネートされる。また『カフカ 田舎医者』がオタワなど7つのグランプリを受賞。2011年にはNFBとの共同制作『マイブリッジの糸』を完成。川喜多賞受賞ほか80以上の国内外の賞を受賞。映画芸術科学アカデミー(米)会員、国際アニメーションフィルム協会理事、日本アニメーション協会副会長。